FC2ブログ

「垳」を守る会

全国で唯一の地名・八潮市「垳」(がけ)を守りたい!gake840@yahoo.co.jp

「方言漢字」ご当地アイテム

 お知らせが遅くなり、失礼しました。
 明日の「方言漢字サミット」では、ご当地アイテムを会場内に展示します。
 加えて、それらを来場者特典として、お楽しみ抽選会の賞品にします。
 一つだけ事前に教えると、圷ほしいも直売所が作る「ほしいもせんべい」を用意します。
 さきほど一口食べましたが、せんべいですがお芋の味が口一杯に拡がります。
 圷さんが真心込めてお芋を作っていることが分かります。

 明日はどうぞお越しください!

 IMGP3227.jpg

IMGP3229.jpg

IMGP3232.jpg



 
 
PageTop

11日(日)、「第2回方言漢字サミット」が開催されます!

 当会と姉妹関係にある「八潮の地名から学ぶ会」が主催するイベントです。当会も協力しています。
 明後日に開催が迫りましたので、改めて掲出します。
 どなたも参加できますので、どうぞお足運びください。

地名とまちづくりを考える
「第2回 方言漢字サミット
 -地域に残る漢字の由来を考えよう!- 」

 話し言葉に方言があるように、書き言葉にも方言が存在することはあまり意識されません。文字、ことに漢字においても地域による差があり、「地域漢字」や「地域音訓」が実在しますが、ほとんど気付かれないようです。
 例えば、茨城県に多い「圷」(あくつ)、広島・山口県にある「垰」(たお)、宮城県の「閖」(ゆり)などです。そして、八潮市の「垳」(がけ)も同様です。方言漢字は、方言学界でも注目されるようになり、漢検の漢字ミュージアムで常設展示となり、NHKの人気番組「日本人のおなまえっ!」でも繰り返し取り上げられています。
 ところが、方言漢字の宝庫である地名は、市町村合併や区画整理を理由に急速に消えつつあります。八潮市の「垳」についても、その7割にあたる区域で区画整理事業が進行し、3年後には工事完了する予定であり、地名が存続するか不透明です。
 そこで、珍しい漢字を使う地域とそこに暮らす人々の生活、風土について一緒に考える機会として、史上初の方言漢字をテーマにすえた会を設けます。個性溢れる漢字について考え、文字を創り出し、受け継いで郷土の人々やそれを支える文化、生活、歴史や自然についても学びます。
 関心のある方は、どうぞ奮ってご参加ください。この機会に、一緒に考えてみませんか?
  「方言漢字」にまつわるご当地アイテムの抽選会もあります!

・日 時:平成30年11月11日(日)13:30~16:30(受付開始 13:15)
・会 場:八潮メセナ・アネックス(八潮市民文化会館 駅前分館)
・内 容:
 1)基調報告「京都の『天橋立』に対する国字とその影印から生じた幽霊文字」
        笹原 宏之 (早稲田大学 教授)
 2)発表「『作ヶ畬』(さくがあらく)小考 ―地図に50年間載り続けた異表記― 」
        ウェブサイト「稀少地名漢字リスト」主宰
 3)発表「千葉県四街道市の失われゆく地名『氾』(よどみ)の諸相」
        山本 佳奈(早稲田大学大学院 学生)
 4)発表「埼玉県美里町にある『みか』神社の表記について」
        釼持 一幸(早稲田大学大学院 学生)
 5)発表「『鮓』店の由来 ―文字で味わう寿司・鮨・鮓― 」
        昼間 良次 (八潮の地名から学ぶ会)
 6)質疑応答&意見交換、総括、お楽しみ抽選会、その他

・参加費:な し(入場自由・申込不要) ◎カンパ制(会場費、資料代 他)
・交 通:駐車スペースがありませんので、公共交通機関をご利用ください。
  [経路]つくばエクスプレス八潮駅北口出てすぐ(八潮市役所駅前出張所と同じ建物です)
    東武線草加駅、東京メトロ綾瀬駅、JR常磐線亀有駅・金町駅および松戸駅から路線バスで終点

・主 催:八潮の地名から学ぶ会
・後 援:(一財)日本地図センター
・協 力:「垳」を守る会、潮止(しおどめ)晩生(おく)ねぎ研究会、
      NPO法人 八潮市域の歴史文化とまちづくり
◎「八潮市 協働のまちづくり推進事業助成金」を受けて実施しています。            

問い合わせ:八潮の地名から学ぶ会
メールアドレス:gake840@yahoo.co.jp                   
PageTop

月刊「地図中心」(最新号)は、「方言漢字地名」を特集!

 地図を中心にした誌面構成で名高い「月刊 地図中心」(2018年11月・通巻554号)は、「方言漢字地名」を特集しています。
 早速、当運営委員も読みましたが、内容充実しており興味深い内容です。
 早稲田大学 笹原宏之教授、地図研究家・エッセイスト 今尾恵介氏、安田女子大学 垰本一雄教授 他豪華な執筆陣です。
 ぜひ多くの人に読んで欲しいと考えます。
 http://net.jmc.or.jp/books_map_chizuchushin.html

 今週末に行われる「方言漢字サミット」では、会場で特別頒布します。
 希望の方は、会場で手に取ってみてください。
 
PageTop

方言漢字「鮓」について 四

 長野県で唯一の「鮓」店、「鮓忠」(すしちゅう)です。
 松本市内にあり、松本駅で上高地線に乗り換え、渚駅で降車します。駅から歩いて2~3分で到着します。
 歩いていくと、篆刻で記された看板「鮓忠」が見えてきます。
 8月中旬、念願が叶い訪問することができました。
 
 もちろん、なぜ「鮓」の字を使っているのか、店主と夫人に聴き取りを行いました。
 詳細は、11日(日)に行う「第2回方言漢字サミット」で報告予定です。

IMGP2198.jpg

IMGP2208.jpg

IMGP2207.jpg

PageTop

方言漢字「鮓」(すし)について 参

 茨城県で唯一の「鮓」店、「すし処 鮓や」です。
 守谷市内にあり、つくばエキスプレスおよび関東鉄道常総線 守谷駅から自動車で10分程度進んだところにあります。
 夜に訪問したので、写真が暗いのです。ご容赦ください。

 なぜ「鮓」の字を使っているのか、店主に聴き取りを行いました。
 詳細は、11日(日)に行う「第2回方言漢字サミット」で報告予定です。

 IMGP1705.jpg

IMGP1702.jpg


PageTop