FC2ブログ

「垳」を守る会

全国で唯一の地名・八潮市「垳」(がけ)を守りたい!gake840@yahoo.co.jp

11月17日(日)、「第3回方言漢字サミット」が行われます!

下の通り、詳細が決定しました。
 
   地名とまちづくりを考える
           第3回 方言漢字サミット
           - 文字から地域の文化を考えよう! -

 話し言葉に方言があるように、書き言葉にも方言が存在することはあまり意識されません。文字、ことに漢字においても地域による差があり、「地域漢字」や「地域音訓」が実在しますが、ほとんど気付かれないようです。
 例えば、茨城県に多い「圷」(あくつ)、広島・山口県にある「垰」(たお)、宮城県の「閖」(ゆり)などです。そして、八潮市の「垳」(がけ)も同様です。方言漢字は、方言学界でも注目されるようになり、漢検の漢字ミュージアムで常設展示となり、NHKの人気番組「日本人のおなまえっ!」でも繰り返し取り上げられています。
 ところが、方言漢字の宝庫である地名は、市町村合併や区画整理を理由に急速に消えつつあります。八潮市の「垳」についても、その7割にあたる区域で区画整理事業が進行し、2年後には工事完了する予定であり、地名が存続するか不透明です。
 そこで、珍しい漢字を使う地域とそこに暮らす人々の生活、風土について一緒に考える機会として、史上初の方言漢字をテーマにすえた会を設けます。当イベントは3回目を迎え、内容は拡がりを見せ、参加者は全国規模です。個性溢れる漢字について考え、文字を創り出し、受け継いで郷土の人々やそれを支える文化、生活、歴史や自然についても学びます。
 関心のある方は、どうぞ奮ってご参加ください。この機会に、一緒に考えてみませんか?

・日 時:令和元(2019)年11月17日(日)
        14:00~16:30(受付開始 13:45)
・場 所:八潮メセナ・アネックス
        (八潮市民文化会館 駅前分館)
・内 容:(演題は全て仮題)

     1)基調講演「方言漢字の定義と展望」
        笹原 宏之 (早稲田大学 教授)
     2)講演「神戸市須磨区の地名表記に見る
         方言漢字について」
        岡墻 裕剛 (神戸女子大学 准教授)
     3)報告「地名における字の転訛? 予備調査編
           ―大鳥居と「大鳥原」説から― 」
        大居 司  (会社員/滋賀県大津市在住)
     4)報告「企業のロゴや商業登記からの調査報告」
        萩原 匡祐 (会社員/千葉県浦安市在住)
     5)報告「草加せんべい
           ―地域に見られる『べ』の異体字― 」
        昼間 良次 (八潮の地名から学ぶ会)
     6)質疑応答&意見交換、総括、お楽しみ抽選会、その他


・参加費:な し(入場自由) ◎カンパ制(会場費、資料代 他)
 ・交 通:駐車スペースがありませんので、公共交通機関をご利用ください。
 [経路]つくばエクスプレス八潮駅北口出てすぐ(八潮市役所駅前出張所と同じ建物です)
    東武線草加駅、東京メトロ綾瀬駅、JR常磐線亀有駅・金町駅および松戸駅から路線バスで終点

  ◎「八潮市 協働のまちづくり推進事業助成金」を受けて実施しています。

・主 催:八潮の地名から学ぶ会
 ・後 援:(一財)日本地図センター
      草加せんべい振興協議会

(問い合わせ先)
  八潮の地名から学ぶ会
   携帯電話:090-4389-4895
   FAX:048-998-4451
   E-mail:gake840@yahoo.co.jp

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する